お知らせ

  お知らせ 
2022 . 05 . 12

NEWS RELEASE -《ONE DOJIMA PROJECT》

NEWS RELEASE -《ONE  DOJIMA PROJECT》


今般、大阪・堂島で2024年開業予定の「Four Seasons Hotel」と分譲マンション「Brillia Tower 堂島」が一体となった超高層複合タワー≪ONE DOJIMA≫にて、弊社の企画・協力により同敷地屋外のパブリックアートの一つを、世界的に注目される日本の彫刻家・名和晃平氏が手がけることが決定しましたのでお知らせします。


《ONE DOJIMA》では、「旅とアート」をテーマに世界のトップアーティストたちのアート作品を展示を予定しており、 弊社はプロジェクト企画協力として日本を代表するアートキュレーター南條史生氏(森美術館特別顧問、エヌアンドエー株式会社代表取締役)の監修により
今回のパブリックアートの選定を始め他アート作品の選定等に携わらせて頂いております。


また、2024年5月に予定している名和氏のパブリックアートの公開に先立ち、2022年6月3日(金)~5日(日)の3日間限定で、同氏制作による映像作品
“Tornscape”(プログラマー 白木良氏、音楽家 原摩利彦氏とのコラボレーション)の一般公開を行います。会場となる「Brillia Tower 堂島 ゲストサロン」では本作のほか、同氏の平面作品も併せて展示を予定しています。

 


NAWASAN.jpg

名和晃平《Tornscape》[参考図版]
2019, photo: Nobutada OMOTE | Sandwich, installation view, “Throughout Time : The Sense of Beauty”, Nijo-jo,
Kyoto, Japan, 2019



大阪の堂島・中之島エリアは、国立国際美術館をはじめ、先般開館した大阪中之島美術館など、大阪の文化・芸術の拠点が集積しており、
今後アートの街として更なる発展が期待されています。弊社は、本プロジェクトを通じて、アートを通じた街づくりに貢献してまいります。

■東京建物株式会社による 
プレスリリース 




《ONE DOJIMA》概要
東京建物株式会社とシンガポールのHotel Properties Limitedが共同で開発を推進する住宅とホテルを中心とした関西圏でも大規模な再開発プロジェクトです。
本プロジェクトは2020 年8 月1 日に着工しており、建物は高さ約 195m(49 階建て)、延床面積は約 8.2 万㎡と大阪市内でも有数の規模を誇ります。
“旅とアート”をコンセプトに、国際水準の機能を備えた住宅と、トップクリエイターのデザインによるスパトリートメントやジムを備えたスパや、
多様なシーンで利用可能なレストラン、カフェやバー、観光やビジネスの拠点となるバンケットなどを備えた
世界有数のラグジュアリーホテル Four Seasons Hotel との超高層複合タワーです。

 

 名和晃平氏 プロフィール》
彫刻家/Sandwich Inc.代表/京都芸術大学教授

1975年生まれ。京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年「Sandwich」を創設。
感覚に接続するインターフェイスとして、彫刻の「表皮」に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸として、2002年に情報化時代を象徴する「PixCell」を発表。
生命と宇宙、感性とテクノロジーの関係をテーマに、重力で描くペインティング「Direction」やシリコーンオイルが空間に降り注ぐ「Force」、
液面に現れる泡とグリッドの「Biomatrix」、そして泡そのものが巨大なボリュームに成長する「Foam」など、彫刻の定義を柔軟に解釈し、
鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出してきた。

近年では、アートパビリオン「洸庭」など、建築のプロジェクトも手がける。2015年以降、ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働によるパフォーマンス作品
「VESSEL」を国内外で公演中。2018年にフランス・ルーヴル美術館 ピラミッド内にて彫刻作品「Throne」を特別展示。


 

 



2021 . 11 . 30

ØST RESIDENCE KARUIZAWA 完売のお知らせ

ØST RESIDENCE KARUIZAWA 完売のお知らせ

この度、弊社が総合企画をし、グループ企業のオスト・デベロップメント合同会社と株式会社日本エスコン様が販売を致しました、長野県北佐久郡軽井沢の「オストレジデンス軽井沢」が2021年11月27日(土)に全戸契約完売しましたので お知らせいたします。

当該物件がお客様からご好評いただき、多数のご来場、お問い合わせをいただきましたことを厚く御礼申し上げます。

■株式会社日本エスコン社によるプレスリリース
ØST RESIDENCE KARUIZAWA 』完売のお知らせ

 

 

 

 

 



2021 . 09 . 06

FC琉球のユニフォームパートナー参加のお知らせ

FC琉球のユニフォームパートナー参加のお知らせ

この度、FC琉球のユニフォームパートナーに弊社が参加することが決定いたしました。
弊社ロゴの掲出箇所はシャツ背面裾となります。
9月18日に開催される『2021
明治安田生命J2リーグ FC琉球vsザスパクサツ群馬戦』よりユニフォームにロゴが掲出されますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

FC琉球HP/ NEWS
https://fcryukyu.com/news/29186/

 

 

 

 



2021 . 07 . 15

「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」 開業のお知らせ

「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」 開業のお知らせ

 

ライフスタイルホテル 「THE SHARE HOTELS」の9店舗目となる「MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS」(事業主: 合同会社奈良荒池ホテル、プロデュース:株式会社ウェルウッド、企画・運営:株式会社リビタ)を、奈良公園 南端に位置する荒池の畔の、ユネスコ世界遺産の興福寺五重塔と春日山原始林を臨む地に、2021年9月に オープン致します。
※2021年7月15日(木)より宿泊予約受付開始


「MIROKU 奈良」は、築31年(1990年築)の地下1階地上 4 階建てのビルをリノベーションをして誕生します。
施設名称は、奈良の美しい山麓や鹿を臨む場所(美+鹿、麓 / ミ+ロク、ロク )、未来の世に人々を救済するとされる 弥勒菩薩に由来し、本施設が今後取り組んでいく奈良の未来づくりへの姿勢や思いが込められています。

かつて遣隋使によってもたらされたシルクロードのさまざまな文化や、自然と共生しながら1300年以上の歴史 を刻んできたこの地ならではの宿泊を提供致します。

 

 

facade.jpg


 

『空間 』
インテリアデザインには、「正直なデザイン」と表したデザインを手がける芦沢啓治建築設計事務所と、 奈良県出身で数寄屋大工としての経験を活かし、美術家としても活躍する佐野文彦氏率いるFumihiko Sano Studioを迎え2つの異なる趣きの空間を設えました。
芦沢啓治建築設計事務所は、自身が関わる家具ブランド「Karimoku Case Study」や「石巻工房」の家具を 取り入れながら、普遍的で美しい和の空間に仕上げました。

Fumihiko Sano Studioは、奈良の素材を大胆に 配した「はじまりの地」奈良に相応しいプリミティブな魅力が感じられる空間デザインを手がけたほか、エントランスのランドスケープも担当。 また施設内には、奈良を拠点とする「NEW LIGHT POTTERY l ニューライトポタリー」の照明器具や、「sonihouse l ソニハウス」のスピーカーをはじめ、吉野杉、飛鳥石、宇陀和紙といったアイテムや素材を 随所に採用。空間を通して、奈良の自然やクラフトマンシップをご体感いただけます。


『客室』
地上階は、芦沢啓治建築設計事務所がデザインした 普遍的で洗練された和のインテリアに仕上げ、窓からは興福寺五重塔や春日山原始林、若草山、荒池が 臨める客室。
地下階は、Fumihiko Sano Studioが吉野杉の丸太を大胆に用い、ドライエリアには吉野の山肌 を景色として再現した客室 ”The Roots of Nara” を設えました。

juniorsuite.jpg   lounge_2.jpg


『共用スペース』
<1F> CAFE & BAR MIROKU TERRACE
35年以上に渡り、多くの人々を魅了し続けている奈良市内のカフェ「くるみの木」が、朝食やCAFE&BAR のメニューを監修。
奈良の地域食材をふんだんに使った和洋2種類の朝食や、地域のクラフトビールや果実酒 などを提供し、隣接するテラスでもお楽しみいただけます。

<1F> TERRACE
荒池の堤に面し、奈良の自然や近隣に生息する鹿を眺めることが できる開放的なテラス。ご宿泊者や地域の人々が集うスペース として運営します。

<B1F> LOUNGE / TEA TABLE
Fumihiko Sano Studioが吉野杉や飛鳥石などの奈良産の素材 を活かしてデザインした宿泊者専用の地下ラウンジ。セルフ サービスでお茶を楽しめるほか、自動販売機やコインランドリーも併設しています。 アートワーク 神仏や輪廻転生、多様性や自然環境との共生などを表現するコンテンポラリーアートを館内に展示。
アートを介し、多様な文化や自然が共生する奈良のサステナビリティに触れることができます。 環境への配慮 千年以上守り継がれる春日山原始林を近くに臨む当施設では、これまでのTHE SHARE HOTELS各店同様、リノベーションに より、新築に比べCO2の排出量や廃棄物を大幅に削減しているほか、今回新たに再生可能エネルギーを電力として導入します。

同時に、既存建物のサッシ部分に新たに断熱性の高い障子を 設置し、省エネルギー化等を実現。プラスチック削減に配慮した アメニティやオーガニックアメニティも採用するなど、環境をはじめ持続可能な社会への継続的な取り組みも行なっていきます。


■■施設概要■■
施設名: MIROKU 奈良 by THE SHARE HOTELS (ミロク ナラ バイ ザ シェア ホテルズ)
開業日:2021年9月16日(木)※宿泊予約開始日:2021年7月15日
所在地:奈良県奈良市高畑町1116-6(近鉄奈良駅 徒歩10分)
客室数:44室(定員:156名)


プロデュース: 株式会社ウェルウッド

企画・運営: 株式会社リビタ
事業主: 合同会社奈良荒地ホテル 

公式WEBサイト:https://www.thesharehotels.com/miroku/
Instagram   :@miroku.thesharehotels
Facebook       :@mirokuthesharehotels

 

 

 

 

 



2021 . 05 . 25

ØST RESIDENCE KARUIZAWA 誕生

OST RESIDENCE軽井沢が誕生

南軽井沢の深々たる森の中、敷地面積15,000m²超という広大な地に
美しい自然と融合した特別なレジデンスが誕生致しました。

北欧ノルウェー語の「東」を意味する「ØST」を冠した「オストレジデンス軽井沢」。
この自然溢れるこの地に誕生した当レジデンスは
“大切なものを繋ぐ場所”をコンセプトに、北欧に根付くHYGGE(ヒュッゲ)の精神を宿しています。
※ヒュッゲ・・幸福な時間・くつろぎ・温かく心地よい時間・安らぎ等を表す考え方。

軽井沢の四季折々の豊かな自然美に抱かれ、悠然な浅間山の眺めに息を呑む。
『木漏れ日 /Home of lights
』の美しさにインスパイアされた、
洗練されたノルディックデザインと日本の美意識を融合し、
住まいを通して唯一無二の新たなライフスタイルをお楽しみ頂ける
特別な場所が誕生致しました。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------


東京から新幹線で約1時間という素晴らしい立地、古くから日本の皇室や富裕層の避暑地として知られる軽井沢。
この地が都市と自然、活力と静けさの間にあり、
自然を深く理解し敬いを持って共生している点に北欧との多くの類似点を見出し、
季節によって変化しながら光と影が戯れるという日本特有の表現「木漏れ日」という美意識と、北欧の「静謐なデザイン」がデザインコンセプトのベースとなっています。

北欧の「静謐なデザイン」とは、ニュートラルなカラーパレット、天然の素材、ミニマムで美しいラインに現れており、
日本の「禅」にも通ずる心癒される生活体験を促し、周囲の緑豊かな森や自然に溶け込む事でもあります。


ブランドのDNAである「Exclusive」「Contemporary」「Crafted」を具現化し、オストレジデンスの第一号となったこの“ØST RESIDENCE KARUIZAWA”は、
この地だからこそ表現できた、雄大な自然の中に佇むラグジュアリーで美しいレジデンスです。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------

ØST RESIDENCE KARUIZAWA

2021年12月上旬竣工予定

 

掲載誌情報 :『 PAVONE 』(KPクリエイションズ) 

 

 

 











1 2